タグ「南伊豆」が付けられているもの

伊豆のそば屋 Vol.2

さて、久々となったそば屋歩き第二弾!石廊崎の帰りに寄った店。

つかさ庵・外観

ここも3年ぶりに入りましたね〜。
南伊豆・吉祥の「つかさ庵」です。
最近はweb上、雑誌などでも有名ですので、この辺りをご存じの方なら入ったコトありますね?

田園風景の中、店構えはしっかりとしています。
靴を脱いでスリッパに履き替えるスタイルです。
さて、まだ食べていなかった「生粉打ち」という十割そばを注文するも、時間が遅く既に品切れ。まあしょうがない、休日など、観光客や別荘族などで並ぶほどにごった返していることもある程、人気があるようですし。

天せいろ/つかさ庵

で、何故かポリシー無く「天せいろ」にしてしまいました。
そば神さま、スミマセン。

麺はオーソドックスな二八。
店舗の雰囲気もそうなんですが、ここ「つかさ庵」のそばは、かなり東京的なカンジが強いと思います。そばの有名どころを研究し尽くし、八王子で長年営業していたという店主ですので、色々こだわりを感じ田舎臭さというのはありません。

「都会的な洗練された味」のそば屋は、伊豆高原あたりには結構ありますが、伊豆南部ではほとんどありません。ご当地、松崎の「小邨」下田の「二八」、そしてここ「つかさ庵」くらいでしょうか。

さて、話を戻しここのそばですが、清らかな香りの麺、関東的な辛口でキリッとした汁はカツオの香りも出すぎず、総合バランスはたいしたものと思います。ワタシらの移住組知人の間でも好評版です。

と褒めちぎりですが、何故かめし物があるんです、メニューに・・・。
みんな結構注文しています、どんぶりとのセットを・・・。
何故?
イヤ

参考:ココへまた来るのはいつの日か。

トムズワン評価:7.5
その妻の評価:8

南伊豆・石廊崎

昨日は数年ぶりに石廊崎へ。
10月半ばというのに、Tシャツでも汗ばむ陽気で日差しは強く暑い日でした。
台風が東北地方の太平洋沖を北上中のため、お天気に影響はありませんが
海上はうねりがあり、波もかなり高めです。

石廊崎

気温上昇のため、空の抜けがイマイチ。くっきり水平線は望めませんでした。
でも、やっぱり壮大な眺め。
岩盤に張り付いている石室神社は下を見ると結構コワイですけど。

石廊崎の観光船

っと・・・。こんな波のある日に観光船が出ています。
サスガ・・・
ワタシは乗りたくありませんが。

石廊崎灯台

年に2日の特定日しか中に入れない石廊崎灯台。石廊崎と共に全国的に有名です。
月曜なのに、結構な人出。
やっぱり、まだ観光地なんですね。
既に無人化となった測候所ですが、自動観測データ送信のためか、ぶっといケーブルを引く工事をしていました。

旧ジャングルパーク

そして、石廊崎への入口ともなっていてモンダイの前「ジャングルパーク」。
ワタシも子供のころから何度も訪れ、2002年の入園が最後となり、翌2003年9月に閉園となったこの施設。

あまりにデカ過ぎたため、昔の「観光ブーム」(古っ!年ばれそう)以降は収益が経費に見合わなくなったせいか、年々さびれてはいました。
ついに・・・というカンジで閉まったのですが、動物たちは、皆他の施設に引き取られたと聞き安心していました。しかし、沢山の貴重な植物はどうなったのか気になっていました。
と、「伊豆ジャングルパーク」とペイントした車がいます。
運良くお話しが聞けました。なんと、この方が一人で管理しておられるとのこと!
並大抵ではないご苦労とは思いますが、少し安心しました。
こんな優しく頼りになりそうな方がいらっしゃるなら、かなりの植物たちも救われそう。
ココにある遺産たち、ホントになんとかならないんでしょうか。

廃墟の中の命

廃墟と化した人工物の中で、救いを求めてがんばっている植物が寂しげ・・・。