Home> 伊豆 > 1.静岡県・松崎町アーカイブ

1.静岡県・松崎町の最近のブログ記事

2015晩夏、伊豆西海岸に光回線開通!\(^o^)/

今朝行われたフィギュアGPで羽生結弦選手が330点の世界最高得点で優勝しましたね!
もう、陰陽師が乗り移ったかのような切れ味で、まさに神の領域に達してしまったかのようです。「日本の誇り」のような表現はさておき、皆へ感動と喜びをダイレクトに伝えてくれました。羽生選手おめでとう!

さて、このブログはあいかわらず出遅れ感アリアリになってしまっていますが、晩夏の私的出来事の記事をひとつ。。

伊豆の光回線、半島の付け根あたりは早期に開通しましたが、南へ下りてくるのに時間がかかり、4年ほど前に下田市の一部が開通したものの、伊豆の西海岸側はほっておかれっぱなしでした。

地元の関係スジから「もうスグ光が」という噂が何度もあがるものの、結局いつも期待外れなので永遠に来ないかもしれないなと半ば諦めモード。。そして、今春また噂が再出。「はいはい」と気にもとめていなかった夏の終わりころ、NTTから通知メールが!
なんと7年近く前に登録しておいた開通希望兼予定通知が生きていたらしく、当事務所がある松崎町中心部の狭いエリアだけながら、間も無く開通するとの知らせでした。
突然の知らせに驚きながらも即予約!(もっとも契約回線はNTTではないけれど)

そして2015年9月中旬、このエリア内でもかなり早期に開通となりました。

早速、実測検証 (^^

接続環境は理論値・最大1Gbps回線→モデム→Air Mac Extreme経由

テスト1.

端末:Xeon 8CoreのMac Pro(メモリ20GB・SSD仕様)OS10.10 Yosemite
接続:Air Mac Extremeからカテゴリ6のケーブルで直結

メインマシンでの実測
RBBスピードテストでの結果

下り(ダウンロード)の回線速度は293.7Mbps、上り(アップロード)は231.8Mbpsと出ました。
実データの転送速度は1/8となるので、下り36.7MB/sec・上り約30MB/secになるかと思います。

テスト2.

端末:iPhone 6
接続:Air Mac Extremeから5GHz帯域のWiHi

iPhoneで計測
RBBスピードテストでの結果

下り(ダウンロード)の回線速度は133.34Mbps、上り(アップロード)は116.51Mbpsと出ました。
同じく実データの転送速度は、下り16.6MB/sec・上り約14.5MB/secになるかと思います。

WiHi経由が遅いですが、使用しているAir Mac Extremeが一つ前のモデルのため、IEEE802.11n規格までのためですね。新しいIEEE802.11ac対応のAir Macに変えれば、倍速になるかと思われます。

続いては、この速度が本当にホントウなのか確認してみます。

まずは下り。アプリのアプデや再ダウンロード、特に必要無いけど何かのデータなど、いくつか別のサービスからテストしてみました。その結果、AppleやAdobe、Googleなどのほか、大規模サーバーを持つサイトやきちんとしたサービスであれば、秒あたり8〜40MBを目視でき、平均で25MB前後の速度が出ているのを確認できました。
(ダウンロードするデータがあるサーバーに帯域制限がかかっていれば、その最大値が実効スループットとなってしまうのは言うまでもありません)

今までのADSL環境では、秒あたり平均0.9MBあたりが最大値だったので30倍前後の速度です。実際、100MBのダウンロードに1分50秒かかっていたのが4秒くらいに、1GBなら18分だったのが40秒程度へと劇的に改善しました。

そして、アップロードはどうだ!と、自サーバーへ500MBのデータをアップしてみたところ、25秒で完了!実効スループットは、20MB/secジャストでした。1GBなら50秒、10GBでも8分ちょっとか〜…スゴイ。今までのADSLでは0.15MBくらいの実効速度で1時間弱かかっていたため、私的には驚きの速度でした (^^;;

これでようやく、GBクラスの動画やデザインデータはもちろん、大量のデータも躊躇なくやりとりすることができるようになり、Web事業者として普通のインフラが整いました(「そんな地域でやってること自体がヘン」は言わないで〜)。

でも、自分の回線が速くなったからといって、今後のサイト構築もあらゆる環境で高速表示を実現できるよう、あらゆるテクニックを用い、できる限りの施策に手を抜かないことに変わりはありません。

総合力の高い戦略的Webサイト制作・構築は、ぜひデザインスタジオ・トムズワンにお任せください!

静岡県松崎町・松崎海岸 夏まつり花火大会

この動画の閲覧にはFlashPlayerのバージョン9以上が必要です。

三浦地区花火大会の翌日、8月16日は松崎海岸の花火大会。
こちらも去年は行けなかったので、いそいそと出かけてきました。

松崎へ移住して一番良かったことかも!なのが、この花火大会。
東京や都市部の花火大会と違って打ち上げ数は少ないですが、行帰りの人混みと渋滞がありません。
ウチからサンダルで歩いて行けるだけでなく、砂浜の気に入ったところに座れます!
夏まつりの行事なので、出店やとうろう流しなどの風情も楽しめるしー。

この海岸での花火は、まるで自分のためだけに打ち上げているかのような至近キョリで体感できるのがGOOD!
ちょっと間が開く打ち上げなんですが、そこに波音と潮風の間合いがちょうど良くって・・・
ビール片手の小一時間がキモチいいんです。

アップしたFLVは、ラストの集中連打。水中スターマインと特大スターマインの同時打ち上げなので、撮りきれませんでした。YouTubeじゃなくって自社サーバーにアップした動画なので、短めで済みません・・・

松崎町・三浦地区(岩地・石部・雲見)花火大会

去る8月15日夜、時間が取れたので三浦地区(岩地・石部・雲見)花火大会を見下ろしてきました。
3年ぶりです!

時空庵のデッキ見下ろすのは、会員制の隠れ家宿「クラブハウスリゾート時空庵」
この広いデッキから、岩地海岸・石部海岸・雲見海岸の3ヶ所で同時刻に行われる花火大会を眼下に見下ろすっていう寸法です。ここでは、飲みながら・音楽を聴きながらなどメンバーさんたちが思い思いに楽しむ、ちょっとしたイベントになっております。

 

石部海岸の花火真っ正面は石部海岸の花火。一番近いので大きさも音もイチバン。

 

岩地海岸の花火右側の岩地海岸が、被せるように競います。が、ここから見ればの話。現地ではお隣がどんな風に見えるのかな?

 

雲見海岸の花火そして、少し離れて左側に雲見海岸の花火が「ここが一番!」主張します。

 

以前に比べて、変わり花火も多くなっているような気が・・・
3ヶ所とも負けず劣らずの打ち上げを、しばし楽しませていただきました。

伊豆の隠れ家「時空庵」・Webサイトフルリニューアル!

当事務所が制作させていただいている、伊豆の隠れ家「クラブハウスリゾート時空庵」Webサイト。
2003年の第一弾、2004第2弾から早くも5年がたってしまいましたが、2009年4月20日、本Webサイトをフルリニューアル公開いたしました!

伊豆の隠れ家「クラブハウスリゾート時空庵」

フルFlash版の全作は、当時のISDNやダイアル環境を考慮してファイルを細分化して細かく読み込ませておりましたが、FlashプレーヤーがVer.9となって細分化がアダとなり支障が出ておりました。

本、第三弾でのFlashはシンプルなトップイメージのみとし、コンテンツ全編をAJAX-UIのfancyzoomにより画像で訴求する手段としました。撮影はプロではありませんがワタシが担当。以前の記事のとおり、パースペクティブなレンズ「シグマ10mm」を主体に行いました。
本作も全ページMovable TypeによるCMS構築を行い、Web上で更新・追加を可能にしており、「スタッフブログ」や「お知らせ」といったブログ部分もフルデザインで制作しました。

究極の隠れ家、会員制の宿「クラブハウスリゾート時空庵」。遊び尽くした大人の方、毎日を都市で戦っておられる方、ぜひ一度体験してみて下さい!癒されますヨ!

夏本番の西伊豆・松崎

前回のパースペクティブな研究続行?のため、いそいそと牛原山へ。
ご存じTVセカチュー・あじさいの丘です。
ここばっかりでスミマセン。このあたりって美味しいトコロが少ないモノで・・・

いや良いですなー、シグマ10mm。フツーの広角ではありえないアングル。
って、研究ぢゃなく楽しんじゃってますガナ。
でも、楽しいは身に付くの大原則。じゃんじゃん撮りましょ。

ushihara_view01.jpgushihara_view02.jpg
ushihara_park.jpg matuzaki_beach.jpg

ついでにここから松崎ビーチを望遠で。金曜の昼ですが、少し人出も良くなってきていますね。
この人たち、プリン○ホテルから払い下げられた伊○園となったこのホテルのお客だけだったりして・・・

夏本番の伊豆って、私ら移住組にはつらい季節。外出がおっくうになるシーズンなんですが、まだソレホドでもないなんてちょっと心配。ワタシたち、喧噪は嫌いだけど伊豆が力を付けるためにはガマンします。
皆さん、青海美しい西伊豆へどうぞお越し下さい!貴重な魚も美味しいですよっ!

松崎・岩地海岸

都会の皆様、如何お過ごしですか?
こちら伊豆・松崎町周辺では陽気の良い日が続いています。
例年の西風も弱く、日中は3月末のような暖かさ・・・

庭の梅にメジロ

我が家の梅も7分咲きとなり、メジロの家族が毎日花をつついています。
(今週のベストショット?
Nikon-300mmにて)

そんな中、ワタシはといえば相変わらずweb制作に追われ、気がつけばもう2月!? 進行案件も錯綜してきていますので、外回りの日以外は終日デスクにかじりつき・・・
かなり人間状態がデキあがってきました。
一日30分は歩こうとか、週一のブログ更新とか、今年の目標はどこへやら。

松崎・岩地海岸

そんな訳で、昨日はちょっと気分転換におとなりの岩地海岸へ。
晴天+無風という中、もう4月中旬並のポカポカ陽気。

ふと、気がつくと波打ち際になにやらキラキラ・・・
桜貝がこんなに沢山!
オフシーズンの岩地海岸は、桜貝の貝殻だらけです。
しかも、あがったばかりの新鮮な?ヤツが!

桜貝採りの成果

思わず二人で黙々と拾っています(笑)。2枚繋がっていて割れていないものを中心に、約15分・・・。
ここは、ホントに透明度が高い綺麗な海ですので、近頃ではずいぶんと減ってしまった桜貝もまだこんなにいるんですね。

岩地漁港の海底

防波堤からは水深5mほどの海底もくっきり見えます。地上から写真が撮れるほど、魚が見えますか?

海と魚を見て気分も一新!気合いを入れてシゴトするぞー!

桜貝・ディスプレイ

そして、先程の桜貝はこんなカンジに。

伊豆・松崎町の伊那下神社

話は前後しますが、
久々の連休「お正月」も最終日の1月4日は初詣へ。
ホントは帰京中の元旦に行ってるんですが・・・
松崎へ来てからの4年間は地元でお札を買っているので
神社参拝法令第3条により?これが「本初詣」となります。

思いのほか好天の中、自宅から徒歩5分「伊那下神社」へ。

松崎伊那下神社の鳥居 伊那下神社の境内

樹齢1000年、高さ25メートルの天然記念物「親子イチョウ」の大木があり、源頼朝が奉納したと伝えられる鏡も所蔵する由緒正しき「伊那下神社」。(静岡県賀茂郡松崎町松崎31)

毎年11月には江戸時代から継承されている「三番叟」("能"のような舞)も奉納され、「神明水」と呼ばれる涌き水や、手足の病気にご利益がある「大足大明神」などもある松崎町では重要スポットでもあります。

七福神 産業と航海守護の古式神社ではありますが、七福神もあり商売繁盛・交通安全さらには護国神社も別立てであるというとっても「便利」なところ。
長八の漆喰人形 同社には、名工「入江長八」の晩年明治9年作の漆喰人形も展覧されています。 この神社に由緒ある神功皇后などの二尊像は、鏝による漆喰人形に着色し毛髪を植え込んだ傑作。松崎町の重要文化財です。

今年もここの全てをお参りし、「お得」な初詣を終えました。

松崎の夜空 Vol.2

続いて調子に乗って本日第三弾!

今日出かけた海も満潮時にはとても潮位が高く、
自宅前の川も水位がめいっぱいでした。
そう、大潮と言えば満月。
今日は、大きくてまん丸な月ですね!
松崎ではこの時期ならまだ、
高い場所へ車で5分も走れば、天の川が見えます。
でも、今日はあまりの明るさに星も見づらくて、
夜中の野外で本も読めそう。景色も夜明けのように見えます。

今日の月/松崎町

350mm望遠で、絞りF20。拡大してみてください。
月面が良く解り、望遠鏡で見たように撮影しました。
もちろん愛機「世界のニコン」デジタル一眼のマニュアル撮影です。

松崎・あじさいの丘

今日は昨日のモヤモヤを吹き飛ばすような良い天気!スケジュールに余裕があるうちに、と午後から松崎町周辺の「現状視察」へ出かけました。いつもは、観光客の多い日は、あまり出かけないのですが、そうワガママもいってられません。なにしろ、地元とはいえ久々です。
まずは、前回に通行止めで断念した牛原山・あじさいの丘へ。

あじさいの丘より

おっと、まだあじさいが紫色・・・。
連休とあって、やはり家族連れなど人出がありますね。平日は貸切なのに。

堂ヶ島方面を眺めているうちに、西伊豆方面へ行きたくなってしまいました。
先週は用事で、昨日も気分転換で下田方面へ行ったしね。
で、急遽「西伊豆視察」へ変更!
続く・・・。

松崎町/第7回伊豆半島太鼓フェスティバル

松崎海岸で毎年開催される伊豆半島太鼓フェスティバルも7回目。
9月9日、忙しい合間を縫って後半を見に行きました。今年は、地元から「伊豆松崎牛原太鼓」、富士宮市の「空嶽(クーガ)」、横浜市の「昇(しょう)」、八王子市の「太鼓塾雷神」等が出演。

天城連峰太鼓_1

そして、取りはやっぱり松崎で一番人気の「天城連峰太鼓」。

天城連峰太鼓_2

「天城連峰太鼓」白熱の演奏。

私らも音楽家ではありますが、和楽についての太鼓関係はイマイチ分かりません。
「天城連峰太鼓」は毎年メンバーの代替わりがあるにも関わらず、
いつもクオリティが高くキモチイーのですが、今年は・・・?
生演奏は「気」のものですし、ましてや海岸という環境。
その日に左右されることは間違い有りません。
しかし、出演者の皆さんに遠路はるばる来ていただいてるのですから、
あとチョットだけでもいいから盛り上げる演出をしてあげなければ
出演者が可哀想。と思うのはワタシだけ・・・?

Next archives

Home> 伊豆 > 1.静岡県・松崎町アーカイブ

Tag Cloud
SEARCH
FEEDS

Return to page top