タグ「Webデザイン」が付けられているもの

堂ヶ島ホテル天遊・楽天トラベル

2010年12月、堂ヶ島ホテル天遊さまの楽天トラベル内のサイトをカスタマイズ・リリース致しました。昨年のホテル公式サイトに続いて、楽天サイトをご用命いただいた案件です。

本年に西伊豆クリスタルビューホテルさま、昨年に小松ビューホテルさまと制作させていただいている「小松観光グループ」に属する天遊さま。同ホテルは本年より楽天トラベルに出店され、伊豆地区での差別化が命題となった案件です。

なんといってもリピーター様にべた褒めいただいている絶景、そして宿泊者様へのおもてなしの心。これに楽しさも合わせてデザインすることに専念致しました。
また、楽天サイトのシステムに投入できる技術は制限があるため、可能な限りシンプルな内部構造をとっています。

あまり楽天サイトらしからぬWebページ。当事務所では楽天カスタマイズが初めてですが(最大限避けておりますので)デザインスタジオ・トムズワンがやればこうなる、を実施してみました。

皆様、来年も小松観光グループ、そしてホテル天遊をご贔屓の程、よろしくお願い申し上げます。

サイトプランニング、ディレクション、デザイン、キャッチ・コピー、Flash、画像レタッチ、制作、コーディング、ほか:デザインスタジオ・トムズワン

麓技研株式会社・Webサイト

2010年12月、全世界で利用されているオイルチェンジャーの製品名変更に伴い麓技研株式会社様のWebサイトを部分リニューアルいたしました。

各種製品のサイトを制作させていただいている麓技研株式会社さま。
オイルチェンジャーは欧米をはじめ国内の車両や建設機械で利用されて参りましたが、本年より各車両メーカーとの協賛によりアジア地域での拡充を進めています。同時に、製品名が全種「エコオイルチェンジャー」に改変されました。

各地で撮影されたプロモーションビデオが世界各国向けに配布され、本Webサイトでは国内向けバージョンを製品ごとのページへ設置。全製品名に伴うデザイン変更と新製品の追加も行っています。

皆様、今後とも躍進を続ける麓技研をよろしくお願い申し上げます。

サイトプランニング、ディレクション、デザイン、ビデオ編集・Flash Video、画像レタッチ、制作、コーディング、ほか:デザインスタジオ・トムズワン

yuukoubou.net.jpg

同じく2010年11月、伊豆市周辺にて注文住宅を提供している土屋建築・ユウ設計工房のWebサイトをリリースいたしました。

クライアントさまは、高品質な本格和風住宅を最新設備と融合させた家を低価格で提供しており、どの施主様にもたいへん評価の高い建築会社さま。住宅メーカーに対し、ほんものの家を適正な低価格で建てるという頑ななポリシーと木への強いこだわりをお持ちです。

クライアントさまの誠実で強い思いを「深みとこだわり」のイメージでデザイン。
また、施工実績とブログを自社で更新したいとのご要望に、MovableTypeにてCMS構築致しました。
特に会社の顔となる施工実績部分では、詳細なデータと写真の入力が簡単にできるようリスト状に設計し、入替・リストアップなどの管理がしやすいようカスタマイズ。
ブログ部分もトータルデザインながら、独立したサイトとしても機能するフルカスタマイズを行いました。

私自身、建築業の家に生まれ、建築に深く関わってきたこともあり
本件の制作を楽しませていただきました。

3DCGが得意なクライアントさまですが、たいへん多忙な中でも精力的な更新をされており、今後のサイトの成長がとても楽しみです。

サイトプランニング、ディレクション、取材・調査、キャッチ・コピー作成、デザイン、Flash、撮影、画像レタッチ、CMS構築 + ブログ(MovableType)、制作、コーディング、SEOベース、ほか:デザインスタジオ・トムズワン

続いて2010年末期・11、12月のリリース情報をいくつかお知らせします。
先ずは、11月のリリースから。

ミニプラネット・Webサイト

本年3月にプレ公開をお知らせしたミニプラネット・Webサイトに購入ページなどを追加、細部リニューアルのうえ、11月グランドオープン。

生物多様性が広まり、良いタイミングに恵まれたなかで各種イベントに出展。研究機関や企業に大きな注目を浴びたミニプラネットは一般販売が開始されました。

ショッピングカートはクライアントさまサイドでご用意され、当事務所にてトータルプランニング・デザインを行いリリース。

期間限定販売ですので、皆様お早めにお買い求め下さい。

サイトプランニング、ディレクション、デザイン、制作、画像レタッチ、コーディング、SEOベース、PDF、ほか:デザインスタジオ・トムズワン

大和富士・オフィシャルWebサイト

6月、音楽家「大和富士」さまのオフィシャルサイトを公開致しました。
リリースCDとそのサウンドクリップ紹介、コンサートなどの情報、そしてブログを主体とした構成のご要望を受け、
その音楽の指向性を「和となごみ」のモチーフとしてデザイン、トータル・プロデュースさせていただきました。

活動される情報カテゴリではMovableTypeにてCMSカスタマイズ。必要な項目をインプットするだけでリストされ、今後どのような予定でも対応できるようるよう配慮。ブログも同MTを使用し、統一デザインにてフルカスタマイズしています。

「大和富士」さまは、来年より多角的な活動を開始されるとのこと。多数のブックマークをお願い致します。

サイトプランニング、ディレクション、デザイン、CMS構築 + ブログ(MovableType)、サウンドクリップ編集、コーディング、ほか:デザインスタジオ・トムズワン

 

続いて、最新のリリース情報を・・・

2010年4月、伊豆のリゾートホテル「西伊豆クリスタルビューホテル」Webサイトをリリース致しました。

西伊豆クリスタルビューホテル・Webサイト

昨年10月、当該ホテルは小松観光グループへの仲間入りとなり、当事務所が同じく昨年にリニューアル制作させていただいた「堂ヶ島・小松ビューホテル」さま・「堂ヶ島・ホテル天遊」さま両Webサイトに続いてご依頼いただきました。

旧名、西伊豆・ホテルニュー岡部としてご存じの方も多いなかでの新グループ移籍となり、「リゾート」をより前面に出す事を第一として、サイトのフルリニューアルをプランニング。華麗・豪奢なステージを持つリゾートホテルの魅力とその心地良いサービスを表現するため、全ての写真からコピー、パーツにいたる細部までトータルにデザイン致しました。

また、サイト全体を新しいMovableType-5のバージョンにて構築。早急かつ容易な更新が可能なように、また自社更新でもサイトイメージを保てるように注力してCMS部分も拡大・実装させています。
アクセシビリティを壊さずに操作性向上を図れる部分では、 jquery を核としてtabs、accordion、fancyzoomなどをはじめ、多数のAjaxライブラリをカスタマイズ実装しました。

公開後、ホテル内企画部にて早速このCMSを実用いただき、活発に更新されていることもありリニューアル後はアクセス数・ページビューとも倍増しております。

サイトプランニング、ディレクション、キャッチ・コピー作成+リライト、一部撮影ディレクション、デザイン、Flash、画像レタッチ、CMS構築(MovableType-5)、制作、コーディング、SEOベース、ほか:デザインスタジオ・トムズワン

 

前記事と同じく3月のリリース、「エコロジーな環境グッズ・ミニプラネット

ミニプラネット・Webサイト

小さな生態系をガラスの中に閉じ込め、光のエネルギーだけで物質がサイクルし続けるメンテナンスフリーの環境グッズ。環境問題やエコロジーが注目を増すなか、この特徴的な新製品イメージを大切にプロモーションサイトとしてプランニング・デザイン致しました。

この製品は、前記事と同じ麓技研株式会社さまの関連会社・フモト・トレーディング株式会社にて研究・開発されており、本サイト公開と同時に生物多様性EXPO2010-in大阪へプレリリースとして出展。大学などの教育機関や関連企業からも好評のようです。また、今冬の一般販売時には、さらに情報充実と改善を図りネット販売を開始する予定です。

サイトプランニング、ディレクション、デザイン、制作、画像レタッチ、コーディング、SEOベース、PDF、ほか:デザインスタジオ・トムズワン

 

先日は8ヶ月ぶり+唐突ながら記事更新致しましたが、直後から多くの方にお越しいただきまして感謝申し上げます。

本日は、ここ最近のリリース情報をいくつかアナウンスさせていただきます。

Risefit

3月のリリース、パーソナルテーブル「Risefit - ライズフィット」。
当事務所にて継続メンテさせていただいている麓技研株式会社さまが開発、昨年から岡村製作所にてOEM供給されている新製品のプロモーション・サイトです。
製品は自在に可動するハイクオリティなパーソナルテーブル。昨年度のグッドデザイン賞を受賞しています。
標準仕様に加えて、オプションバージョンと合わせた情報と使い勝手や製品イメージをFlashで表現した、1ページ完結のプロモーションページとしています。

本ページ公開と合わせて、麓技研・本社サイトも細部リニューアル致しました。

皆様も機会がありましたら、絶妙にスムースな操作感を是非ご体感下さい。

プランニング、ディレクション、デザイン、制作、Flash、画像レタッチ、コーディング、ほか:デザインスタジオ・トムズワン

去る2009年8月3日、「伊豆堂ヶ島温泉・ホテル天遊(てんゆう)」さまのWebサイトをフルリニューアル制作、リリースいたしましたのでアナウンスさせていただきます。

絶景の宿・堂ヶ島ホテル天遊

クライアントさまのご要望をお伺いしつつ撮影立ち会いなども行ったうえで、プランニング、ディレクション、デザイン制作から・CMS構築など一式を当事務所「デザインスタジオ・トムズワン」がプロデュース

ベースデザインは「夕陽と海のイメージ」とのご要望を大切にしながら、鮮やかに「抜けた」本ホテルの絶景ロケーションを「透明感」として表現。コンテンツは、本ホテルの魅力の数々をお伝えすることを第一にプランニング。
トップのFlashやすべての画像は、実際のイメージをお伝えできるよう注力して制作致しました。
一時、当事務所はデザインスタジオならぬフォトスタジオとなってしまったほど・・・

2月リリースの本館「小松ビューホテル」さまと同じくMovable Type + Ajax UIにて全サイト構築。
特に「宿泊プラン」「お知らせ」「お客様の声」「サイドバナー」などは、使い勝手を強化したCMSを構築しています。

しかし、何度お伺いしても「究極の絶景」なのが本ホテル「天遊」。
スタッフの皆さんも、あたたかい心づくしをいただけるかた揃いです。
まさに「絶景と真心のおもてなし」の堂ヶ島・ホテル天遊。
身も心も癒されてみませんか?

当事務所が制作させていただいている、伊豆の隠れ家「クラブハウスリゾート時空庵」Webサイト。
2003年の第一弾、2004第2弾から早くも5年がたってしまいましたが、2009年4月20日、本Webサイトをフルリニューアル公開いたしました!

伊豆の隠れ家「クラブハウスリゾート時空庵」

フルFlash版の全作は、当時のISDNやダイアル環境を考慮してファイルを細分化して細かく読み込ませておりましたが、FlashプレーヤーがVer.9となって細分化がアダとなり支障が出ておりました。

本、第三弾でのFlashはシンプルなトップイメージのみとし、コンテンツ全編をAJAX-UIのfancyzoomにより画像で訴求する手段としました。撮影はプロではありませんがワタシが担当。以前の記事のとおり、パースペクティブなレンズ「シグマ10mm」を主体に行いました。
本作も全ページMovable TypeによるCMS構築を行い、Web上で更新・追加を可能にしており、「スタッフブログ」や「お知らせ」といったブログ部分もフルデザインで制作しました。

究極の隠れ家、会員制の宿「クラブハウスリゾート時空庵」。遊び尽くした大人の方、毎日を都市で戦っておられる方、ぜひ一度体験してみて下さい!癒されますヨ!

西伊豆・堂ヶ島での撮影

当事務所にて先週よりリニューアル制作を開始した西伊豆・堂ヶ島のホテル様にて撮影が行われました。
当館の支配人さんやプランナーNaoko Yamamoto女史のご要望を成果物に反映できるよう、デザイナーとして1日立ち会って参りました。

メイキング

今日のモデルさんは、エフエムみしま・かんなみ「ボイスキュー」パーソナリティーのお二人。
写真左が高橋亜矢さん、右がJUNKOさん。カメラマンは通称「マリオ」こと山本氏です。

抜ける青空とまではいきませんが、霞がちなこの季節ではまずまずの天候。何故か桜も散らずに頑張ってくれ、ロケーションは中々でした。フレッシュなモデルさんを起用した今回の撮影。
さてさて、どんなデザインで結晶させるか思案中です・・・乞うご期待!

当事務所がWebやロゴなどのプロデュース制作させていただいている、静岡県清水区由比の蒲鉾製造・卸・販売会社「株式会社にんべん食品」様。
そのWebサイトは、昨年より段階的に公開して参りましたが、2009年4月16日、かまぼこのネットショップ部分を公開いたしました。
これにより、このサイトはグランドオープンとなりました。

かまぼこオンラインショップ

明治初期創業の「にんべん食品」様は、一昨年に4代目渡邊氏が社長に就任され、「蒲鉾」の新しい時代を切り開く方針を打ち出しています。また、それを契機として本Webサイトを立ち上げるほか多角的な企画も展開しており、素材と味にこだわった商品を発表しています。
本Webショップでは、新商品も間もなく販売予定のようです。

「ひとにやさしく美味しいかまぼこ」を信条として、飽くなき研究と製造を続ける同社の製品を是非一度ご賞味下さい!

昨年9月に公式Webサイトを制作させていただいた「ピアニスト中園理沙」さま。
2009年3月中旬よりサイトの一部リニューアルとカテゴリ追加を順次行い、更にパワーアップ致しました!

ピアニスト中園理沙

昨秋のサイト公開の時期を契機に、音楽のメジャー雑誌に多数掲載されたりソロコンサートも相次ぎ決定されるなど、あっという間にスケジュールが詰まってしまった中園理沙さま。
そして3月18日、ファーストCD「ショパンdeジブリ - GHIBLI in Chopin Style Arrangement -」がSONY/アニプレックスのハクラ・レーベルよりリリースされました!
同時にTV、ラジオ出演やCDデビュー記念のコンサートも目白押しの「クラシック界のアイドル」へ!
というわけで、ご自身が大幅バージョンアップされたことにより、Webサイトも「ディスコグラフィ」コーナーやスケジュール関係を中心に増強を図ることとなりました。

さて、中園理沙さま。
とってもキュートな容姿もさることながら、絶妙のタッチと表現力豊かなピアノは見逃せません!
ぜひ「ショパンdeジブリ」聞いてみて下さい!
また、可憐な姿からは想像できない「頑張り」と「気遣い」は、尊敬に値するアーチストであることを添えさせていただきます。
ファンの方、これからもあたたかい応援をいただきますよう、心よりお願いいたします。

いつもながら更新されないこのブログ・・・
現時点から遡るコト2ヶ月ですが、2009年2月1日「西伊豆堂ヶ島温泉・小松ビューホテル」さまのWebサイトをリニューアル制作、公開いたしましたので遅ればせながらアナウンスさせていただきます。

西伊豆・堂ヶ島温泉「小松ビューホテル」

プランニングはNaoko Yamamoto女史、デザイン・CMS構築など制作一式を当「デザインスタジオ・トムズワン」が担当しリリースいたしました。
Flashやレイアウトはオーソドックスな中に老舗旅館の風格を表現し、Ajax UIをいくつか用いてユーザビリティに配慮するよう心がけて、近年CMSの定番「Movable Type」にて全構築を行いました。

まさに「絶景の露天風呂」に高い支持を集めている著名な本ホテルですが、Webサイトリニューアルと同時に宿泊プランやサービスも増強。この機会に、伝統に相応しいおもてなしと至福の温泉に癒されてみませんか?

Web制作のお問い合せって・・・

Web制作を行うSOHOにもいくつかタイプがあり、営業重視でデザインや制作は外注が多いタイプ、逆にデザイン制作がメインで営業がいないOR弱いタイプという2大パターンがあると思います。どちらもバランスを取り、仲間や協力会社との持ち回りでやっているチームのような形態もありますが。

当方のような制作メインながらも、営業から何やかんやも同時に兼任している弱小SOHOは、時にタイヘンな時期もあります。タイトなスケジュールが続き、デキあがってきている時の問い合わせ・・・
これで生活しているので、何時如何なる時にも問い合わせを大切にして受注につなげていく事は要。
スケジュール消化中では週に1、2回しか問い合わせが無くても「ちょうどいいや」で済みます。
消化案件が無くなって来ているのに、音沙汰無しはちょっとコワイです。
でも、一番タイヘンなのは次々と、しかも何日にもわたって問い合わせが続くとき。
Web制作案件が持ち上がる時期は重なるようで、企業、個人、ショップ、制作会社からの協力要請などありとあらゆる問い合わせが続きます。こんな時期が年に何回かあるものです。

えーと、最近の誰っていうことではございません。こんな時に限ってよくあるお話しなのです。
その、こんなときの「ご提案と詳細なお見積もりを」的なお問い合わせ・・・
やんわりとお話しを進めても、さらに同じような文句を繰り返すばかりで要望するビジョンは全く見えず。しかも、いつ発注するか決まっていないと・・・合い見積もりで打診が来ているのは良しとして、この手合いの話はだいたい共通しています。企業サイドではアイミツなんて当たり前なのですが、それにしても要を得ないオハナシ。なのに熱意は強そう・・・。ヒアリングを少しでもねじ込んで、お見積もり概算を出すだけでも結構手間なんですケド、ってそれは当たり前か。でも、こんなときは制作に注力できません。カクゴを決めて、このブログも更新したりしながら2・3日ほどメールや電話での商談を楽しむが勝ち!

というわけで、確かなビジョンの案件・話が合いそう・オモシロそう的な問い合わせを優先することとなりますです。スミマセン・・・
皆様、こだわりの案件なら、ぜひデザインスタジオ・トムズワンへお問い合せ下さい!お待ちいたしております!

運営設備の拡充

そういえば、先日に当事務所の運営サーバー移転を終えて、続いて設備の見直しも進めています。
デザイン用のMacメインマシンはもう長年デュアルモニター環境です。昨年、片方を24インチに変えましたが中々ベストなものでした。30インチでシングルへの変更を検討していましたが、ショップで何度見ても目が耐えられそうにないので結局古くなった片方を同じ24へ代替しました。いま、ナナオ-Eizo24インチのデュアル。ヨコハバ48インチってか!
正直どうだろってカンジでしたが、意外や良いですよっ!!集中は片側なんで目にも優しいし、パレットの並べ方を数パターン作っておけば多彩な制作にも直ぐ対応!片側Mac片方Winなんて切替もベンリ!
ナナオ-Eizo24インチのデュアル、トムズワンが自身をもってオススメしまぁーす!

 

window.jpg
例えば:Y!トップページを右からOpera、Safari、FireFox、シイラの4種で同時に検証。

 

そしてほとんど使用しなくなったMac旧G4たち・・・
ひとつを新型iMac Intel Core2Duoへ代替してみました。コレガLeopardのせいかサクサクバリバリとオドロキの早さ。ビミョーな色や線がダイジなデザインや画像加工以外の制作や事務・管理全般ならバリュー感たっぷりでオススメ!このiMacを駆って業務管理のサポートが強力になるコトを期待しているところです。
ヨシ。次はPowerBookをMacBookProへ代替だ!
エッ?なーに?・・・あっそう。
業務管理が「まだダメです!!!」ですと。トホホ・・・

AdobeCreativeSuite 3 とwebデザイナー

チョット前のお話しですが、予約注文していた「Creative Suite 3」が6/21に届きました。
ン?発売日は6/22のはず?Adobe製品を発売前に予約したのは初めてなので以前の出荷実情は知りません。でも、あのアドビの事なので届くのは6月末ころと思っていました。よしよしエライ(笑)。
「アドビ史上最大の製品発表」などと大々的な宣文のもとリリースされたCS3は、旧macromediaシリーズ、さらにAfter Effects、Premiereなどのプロダクションソフトも合わせて17種の大所帯でのCreative Suiteファミリーとなりました。そのためパッケージは6つのエディションに分けられています。
当方はwebデザイン事務所なので迷わず「Web Premium」を選択。
ワタシがこれまで使ってきたCS、そしてCS2定番のPremiumパッケージはInDesignが同梱されるなど印刷デザイン寄りだったためMacromedia STUDIOを別途導入する必要があったりしましたが、今回は「Web Premium」1つで済む事はありがたいです(次回アップグレード時に内容変更される可能性は充分ありますけど・・・)。

早速のインストールと認証・登録は問題なく快適に完了し、次々に起動してみる・・・
Mac向けのCS3はユニバーサル化され、インテルMacにネイティブ対応となりましたが、ワタシのメインマシンはPowerMac G5の最終機種なので、とある先行レビューやベンチマークによるとその処理スピードの恩恵は半減なのか? それでも各アプリの起動は格段に早まっており快適です。どのアプリもCS2に比べて処理が早く使い勝手も結構な向上を感じています。CS2ではG5の処理能力を発揮しきれていない所がありましたが、CS3はマシンのスペックを充分に発揮させているカンジです。
インスト後は進行中の案件もどんどんCS3に切り替えて制作しています。チョット恐いもの知らず?
ンでもずっとそうしてきてトラブルの経験もないし、バックアップ体制も万全と思っているし・・・
パッケージ全体のレビューですが、イラレ、フォトショやAcrobatなどのもともとAdobeのアプリはインターフェイスが先進化され操作の反応性が良くなりました。

Adobe CS3

試しに付属する8つのアプリを全部立ち上げて、あるデータを処理させながら行ったり来たりさせてみたところ相互連携性は大変良くなっており、いったん○○形式で書き出して・・・などという手間な事は激減しそう。

では、各アプリ別のレビューをカンタンに。
○特にPhotoshop Extendedという名にアップされたフォトショの大幅パワーアップ・高機能化がうれしい。
○イラレの新機能、ライブカラーは重宝しそうですし、ポイント選択のし易さとアンカー整列機能もうれしい。
○Flashは省力化されたところ、イラレ・フォトショの連携バッチリ、何と言っても3.0に進化したActionScript、新機能のモーションコピーのコピペなどなど、ハマってしまいそうです。
○Bridgeもスバラしく進化し、常時使用することになりそうです(遅いマシンでは実用不向きカモ)。
○Fireworksはあまり使っていませんでしたが、ページ機能が追加された事などでプロトタイプ作成時に出番が増えそうです
○CS3からはGoLiveが外されDreamweaverになりました。web制作者にとってのweb制作ソフトではありますが、サイト管理と階層構築には利用するもののhtmlやscriptなどのコーディングとCSSレイアウト部分はソース手書きでやってるワタシには別にどっちゃでもエエです。でもAdobeが用意したAjaxをセットできる「Spry」なる機能がついたので試してみたいと思っています。キモチ良かったらまたご報告します。
○Contributeは、まだ試していません。スミマセン。
○各アプリから利用できるDeviceCentralというソフトが付加されるようになり、ケータイコンテンツのシュミレートがリアルに出来るようになりました。まだあまり試していないのですが、評判通り相当高度なシミュレートが出来るよう感じました。これは、ご同業のwebデザイナーの方々も重宝するのではないでしょうか?

また、イラレ8等のレガシーデータを開いてみてもCS2まではありがちだったテキストカーニングのズレが無くなったことなど細かいところまで完成度がかなり高くなった印象ですし、Macユーザーのワタシにはマイティマウスでの360度スクロールがイラレにも対応した事はウレシイ限り。Creative Suiteはバージョンアップを重ね、それなりの実戦経験・スキルがあり、やるべき事がはっきりしているプロユースの方にとっては格段にかゆいところに手が届くようになってきているところがいいカンジではないかと思っています。
しばらく楽しめそうですよCS3。

ともあれ、印刷、Webのデザイン・パブリッシングからTV・映画などの映像向けプロダクションまでの最前線プロ用ツールの全て17種全てのツールを含む「Creative Suite 3 Master Collection」を選んでも398,000円で導入できるようになりました。当初なら軽く200万超え、数年前でも100万以上でしたからイロイロと考えてしまいますネ。

web業界は、ビジネスとして初期投資が少なくても始められるところが利点ですが、研究開発・検証考証・広範囲な勉強を延々と重ね続けなくてはならないし、そのコアとなる以前の資産・ベースの熟知もまた不可欠。そして業務に用いるツールやマシンも出来る限り最新を採用して先進技術への対応とスキルアップを図ることが不可欠。長年継続する事がなんとも大変な業種でもあります・・・
業界でも独異性・優位性がありトップ一握りの方なら別ですが、広く浅く・狭く深くではなく「より広く・とことん深く」でなければ生き残れない、先へ進めない、自分もシアワセになれない時代になって参りました。
web業界に関わらず、自分が資本の職業なら何でも同じになってきていると思いますケド。

ナンて、ワタシなどからは思いっきり高みな話ですが、キモチ新たに頑張るゾー的な気にさせるCS3でありました!
webデザイナーの皆さんもCS3でガンバって下さい!(でもワタシを置き去りにしないでね。ホドホドにお願いしまス!)

webデザイナーのホームページ

本日、何故か思い立ってこのブログ「MovableType」のディレクトリをメンテナンスしていたら、もうバージョン3.35アップデータが出ていることに気づきました。もう慣れてきたので一気にアップグレードを敢行。前プログラムの削除、NewバージョンのインストールをFTPが勝手にやってくれている時間に他の作業を行い、最後にカスタマイズしたファイルを上書きして、テンプレのXHTMLをチョット書き直してやるだけ。難しいこともなくほとんど手間いらずです。

しかし、このブログは昨年秋にフルカスタマイズする予定がいまだ手つかず。
当事務所の商用サイトも全く更新できず。
ホントはAjaxバリバリ+Script制御でユーザビリティも高め、確かな価値のあるweb標準サイトへ進化させて、より利用しやすくインパクトある自サイトやブログにリニューアルしたいところです。・・・が、意欲はあってもいかんせん時間がありません。
オシゴトですので、自分のサイトよりクライアント様のサイトを制作し続けなければ・・・

といっても、web制作者としては自社サイトを1年に一回くらいはリニューアルしたいものですので少しずつ準備は進めなくてはなりませんよネ。度々書いて恐縮ですが、この業界は現在とても活況となっていますのでwebデザイナーの皆さんも自社サイトに手を付けているヒマが無いかと思います(大手制作企業は別ですが)。
大工さんの自宅は雨漏りがしていて・・・などとムカシはよく言ったものですが、ワタシらの場合は看板でもありますのでナントカしたいところ。ご同業の皆様は如何ですか?

去年の秋に、自社の別ドメインサイトとしてフルFlashバージョンのサイト制作も半分まで進めたンですが、放置状態で・・・半年たって気がつけばもう古いカモ? 今なら新しいコトもっと盛り込みたいし・・・

最近、ご同業者のサイトを見て回るとソンナコンナも見え隠れしています。
少ない時間を有効に使い、素晴らしい自社サイトへリニューアルしたwebデザイナーのホームページを見つけると思わずニヤリとしてしまいます。
ヨロコンでないで自分もガンバらなければ!