スマートフォン・マルチデバイス対応、レスポンシブWebデザインのサイト制作を静岡から全国へ

デザインスタジオ・トムズワン

スマートフォン・マルチデバイス対応、レスポンシブWebデザインのサイト制作

multi-device

スマートフォンやタブレットもベストな連携で顧客にリーチ。

御社のWebサイトへアクセスされているデバイス比率は如何ですか?
既に、スマホからのアクセス増加はとどまることが無いはずです。
リアル店舗や施設、あるいは提供するサービス内容によっては
すぐそばにいる顧客を取り逃がすことが無いよう
マルチデバイスへの最適化は最優先の設備投資ではないでしょうか。

なぜマルチデバイス対応?

PCを持たなくなった若年層、ビジネスマンやレジャーなど移動中・出先での利用をはじめ、
様々なライフシーンで手放せなくなったスマートフォン。実際、スマートフォンや
タブレットからのアクセスが全体の半数を超えるWebサイトが一般的になりました。

数年前までPC向けを主体に考えていたホームページも、このままで良いはずがありません。
特に何もしなくても、最近のPCブラウザで表示に問題ないサイトはスマートフォンなどでも
閲覧可能ですが、画面の小さいデバイスでは操作性や解読性が異なるほか、
Wi-Fiのない外部使用時には画像など重いデータは表示速度も大幅に低下します。

これらのストレスを軽減するとともに、各種端末の特性を最大に活用するよう考えられた
マルチデバイスサイトが、スタンダードの時代になっています。
ビジネスのためのWebサイトなら、集客収益率の確保・拡大を図るために
マルチデバイス最適化を図ることが必須です。

最適なマルチデバイス対策をご提案

マルチデバイス化の選択肢

Choise-01Webサイトをレスポンシブ化する

レスポンシブデザインは、それぞれのページをデバイスごとにではなく、
画面サイズに応じてデザイン・レイアウトを変え、最適表示させる方法です。
どのページもHTMLソースは一つなので、あらゆるデバイスでアクセスした場合でもURLは同じです。

画面サイズでデザインを自動切替
メリット
01.ワンソース・マルチユースなので、どのデバイスで閲覧してもコンテンツ内容に違いがなく、CMS(更新・管理システム)を構築したサイトや、大規模なサイトでもスマートに管理できる事が大きなメリットです。
02.デスクトップ(PC)・タブレット・スマートフォンなど、それぞれにデザインを最適化させることができます。各デバイス利用者の傾向によって、写真を差し変えたり情報の表示順を変えるなど、最善の訴求へつなげることも可能です。
03.レスポンシブデザインは、画面サイズごとのレイアウト設定なので、ますます多様化しているデバイスサイズに対応しやすいという利点もあります。
04.Googleも推奨している方法ですし、検索対策面では最も最適です。
また、現在のGoogleは、デスクトップ(PC)向けのページをもとに検索結果のランキングを決めていますが、間もなくモバイルファーストへ移行することを発表しています。
つまり、スマホ向けページのほうでランキングが決まるようになります。
レスポンシブ対応はその点においても有利で、デスクトップ向けとスマホ向けのHTMLファイルはワンソースに一本化されているので、検索ランキングに最も重要なページ内容と被リンクも同一なため、モバイルファーストでのランキングにも影響はありません。
05.現在では、レスポンシブによるマルチデバイス最適化があらゆる面において優れているため、世界的に最も採用されており、トムズワンの制作案件でも積極的に採用しています。

マルチデバイスにベストな選択!

デメリット
01.サイトやページの構造に理解がなかったり措置を怠ると、どのデバイスでもPC向けサイズの大きな画像やデータを読み込んでしまうため、モバイルの通信インフラ環境によっては表示速度への影響が出てしまいます。トムズワンなら、あらゆるデバイスや通信環境でも、高速にページ表示ができるサイトをご提供できます。
02.一つのHTMLであらゆる画面サイズに対応させるため、比較的複雑な構造設計が必要です。既存のサイトをレスポンシブ化することも可能ですが、現状のHTMLやCSSに手を加える必要もあるため、コスト面ではフルリニューアルの際に実施するほうがベターです。
03.サイトのHTMLやCSSを自社で運営管理する場合、それなりの知識・理解が必要になります。サイトにCMS(更新・管理システム)を設置し、HTMLやCSSの管理を省けば、そのような心配も無用になります。

構造と表示速度に注意

Choise-02各デバイスの専用ページへ振り分け

PC、スマートフォン、タブレット、ケータイなど、対応が必要なデバイスごとに専用のページを用意する方です。
実際は、PCとタブレット向け、スマートフォン向けの2つに分けるケースが多いです。

2種類のページをデバイスごとにリダイレクト
メリット
01.最大のメリットは、それぞれのデバイスに特化したコンテンツや動線・使い勝手を与えることができるようになる、ということに尽きます。特に一時期は、各デバイスによって利用者の傾向が異なるEC・通販などのサイトで多用されていました。
デメリット
01.それぞれのページに対してデバイスごとに管理が必要となり、運営面での負担が増加します。ただし、CMSにより連動機能を持たせることで、全デバイス用のページを一元管理・生成させることも可能です。
02.Googleがモバイルファーストでのランキングに移行することが決まっているため、各ページのこれまでの検索順位を落とさない措置が重要となり、それも必ず可能とは言えません。
「検索順位に重点を置かない」というページ群なら検討価値がありますが、上位ランクが大切なサイトならレスポンシブ・デザインによってデバイスごとの訴求を設計することをお勧めしています。
03.コストについては、レスポンシブと比較して増減する場合があり、サイトによってケースバイケースとなります。

Choise-03モバイル専用サイトを新規増設

コスト面あるいはシステムなど何らかの理由により、運営中のWebサイトがリニューアルが困難か
手を付けられない場合、スマートフォンやタブレット向け専用のミニマムなサイトを追加する方法です。
ユーザーがサイトにアクセスした際、モバイルを判別してこの専用サイトへ促すという流れになります。

PCかモバイルによってリダイレクト
メリット
01.サイトのリニューアルと比較して短時間、かつ構成を絞ることでコストを抑えた制作が可能です。
02.運営中のWebサイトは今まで通り運営でき、同じドメインでモバイルサイトを表示できます。(各ページのURLは、PC向けのものと変わることになります)
デメリット
01.既存のページはモバイルに対応するわけではないため、今後は検索順位が下がるケースが増えるでしょう(または既に影響が出ている場合も)。
リアル店舗や、お客様のサービスによっては、モバイルでの検索上位化で集客改善を急ぎたいことも多いため、以前ならモバイル専用サイトの検索対策を強化するという手段もありました。しかし、最近のGoogle動向を考えると、今後はそのような施策も無効になってしまう可能性が高いです。
やはり、検索ランクを考えたモバイル対応なら、レスポンシブによる最適化が必須と考え、コンテンツや被リンクの拡充を図ることが最善でしょう。

デザインスタジオ・トムズワンは、お客様に最適なマルチデバイス対策をご提案致します。

こんなご希望、ご相談下さい!

  • 新規サイトをマルチデバイス対応でつくりたい
  • レスポンシブ・デザインでサイトの運営負荷を軽減したい
  • ファイル構造を最適化してレスポンシブの高速化を図りたい
  • デバイスごとのURLを一本化してSEO面を改善したい
  • スマートフォンサイトを立ち上げたい
  • デバイスごとに最適な動線設計をしたい
  • CMSを構築して各デバイスページを一元管理したい
  • デバイスごとにFlashや動画などの要素を使い分けたい

その他のご希望や案件も、お気軽にご相談下さい!

サービス・全てをワンストップで|Our one-stop service

多彩な制作実績|Our Portfolio

制作実績例

お気軽にお問い合せ・ご相談下さい

対応エリア

ホームページ制作・各種サービスなどのご相談・お打ち合わせについて、ご訪問可能な地域
伊豆半島内: 熱海市伊東市伊豆の国市伊豆市下田市東伊豆町河津町西伊豆町松崎町南伊豆町
静岡県東部沼津市三島市富士市裾野市御殿場市清水町長泉町函南町
神奈川県西部: 小田原市湯河原町真鶴町箱根町
案件の内容や条件によってご訪問が可能な地域(お問い合せください)
静岡市をはじめ静岡県中部・東京都内・神奈川県内の各全域、およびその周辺
主にインターネットや電話などで対応させていただく地域
日本全国内
閉じる

静岡のホームページ制作・Webサイト作成会社 デザインスタジオ・トムズワン

〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部404
土曜・日曜・祝日定休(不定休あり)

TEL:0558-42-0927(月〜金:10:30~19:00)

ページの先頭へ戻る